前へ
次へ

どろなわ式の法律学習はだめですよ

20代の後半で刑事事件に巻き込まれることになりました。
女性です。
いわゆる性犯罪の被害者ですが、さいわい未遂で済みました。
 それをきっかけに法律に強い興味を持ちました。
私は英文科出身に過ぎないので、それまで法律知識は皆無に近かったのです。
書店で基本六法を買い、一生懸命読み耽りました。
 民放、刑法、刑事訴訟法など。
法律は難しいものとの固定観念にずっと囚われていたのですが、基本六法は実際に目を通してみると、それほど難しいものではありませんでした。
 私は20代後半で基本六法を読破できたおかげで、いわゆる法律感覚というものがかなり身についたと自負しています。
 それ以来、ネットなどで法律関係の調べ物をしてもすいすい頭に入るようになりました。
 20代後半では若干遅かったと思います。
せめて学生のうちには、基本六法だけは読んでおけばよかった。
 若い友人たちには、基本六法は必ず読むようにしておきなさいとおりあるごとにすすめています。

Page Top